やはりかなり厳しいような状況のようですねえ。

希望の党が、かなりの焦っているような状況のようで、衆院選での過半数となる233人以上の候補者擁立が難しい状況のようである。

政権獲得をするために多くの人を集めようとしているのではあるが、8日時点では候補者は約200人ほど。
思ったよりも人が集まらず、今のままでは全員が当選しても単独政権は難しい。
しかも、最近の世論調査からも支持も伸び図逆に縮小傾向であり、その他の面を含めても小池氏の戦略は迷走しているようだ。 

混迷の発端は数合わせのために行った民進党との合流で、色々と問題のある行為を続けてしまったりして巡って
民進党前議員らの反発や、その他の支持層からも不信感を買い、一部の勢力が独立して立憲民主党を結成するなど分裂が起こった。 

小池氏もかなり戸惑っているようで目標議席を記者などから問われても、「鋭意精査をしつつ最善の努力をする」と明言を避けている状況。

このままなら確実に議席は伸びないだろうから、かなりまずい結果になるだろう。ベルタ酵素 どこに売ってる